【そうだったの!?】スーダンの問題とSDGs

SDGs

スーダンの現状

スーダンと私たちの暮らしの違いを知っていますか?
ユニセフによると、スーダンは助けを必要としているそうです。
スーダンの人々の3人に2人は助けを必要としている。また、スーダンの子どもたちの10人に1人は5歳まで生きられず、この2つの問題は世界最悪の記録です。また、70%は学校に行けないという現状も続いており、これも世界最悪の記録です。

スーダンの問題点

先ほども申し上げたように、スーダンにはたくさんの問題があります。 その1つが食糧問題です。彼らは健康に暮らすための十分な食料を持っていないのです。彼らは現在、1日2食、同じメニューを食べているのです。ソルガムきびという植物をいつも食べているのです。これは餅より粘りがないが、甘い植物です。

2つ目の問題は、病気になりやすいということです。日本では治る病気も、スーダンでは治らないことが多数あります。スーダンには医療技術を発展させるだけの資金がないため、難民キャンプでは、毎日3〜5人が病気で亡くなっています。

3つ目の問題は、安全性です。スーダンは安全な場所ではありません。一部の人々は医療器具を盗み
、売ってお金を稼ぐ人もいます。さらに、最近の事件では、多くの援助関係者が犠牲になりました。このような状況は、怖くて不安なものです。また、精神的な問題を抱えている人も少なくありません。

このスーダンのひどい状況から、私たちは彼らを助けなければなりません。スーダンの最大の問題のひとつは水です。

スーダンの水の問題と状況

私たちは疑問を持っています。なぜ、スーダンでは、きれいな水をもたらす交通手段や技術がないのでしょうか?汚染された水は、健康への影響や病気を引き起こします。主に体質や状況、汚染された物質の割合、汚染された水を飲む量によって、様々な症状が現れます。例えば、腹痛、下痢、死亡などです。生物学でも、どんな状況でも汚染された水を飲むことは推奨していなません。確かに水を飲むことは生きていく上で、体を健康にする上で役に立つちますが、自分を犠牲にしてでも水を飲むべきという意味ではありません。しかし、この人たちには選択肢がないのです。


そこで以前は、太陽熱を利用した浄水器が世間の注目を浴び、スーダンの一部の地域で使用されていました。これは、ソーラーパネルと5Lの水タンク2つだけで水をろ過する技術です。これは紫外線で水をろ過し、殺菌します。しかし、マイナス面もあり、時間がかかることが問題視されていました。晴れた日なら3〜4時間ですが、雨の日は5〜6時間かかります。


そして最近、SDGsのプログラムが世界的に有名になり、今現在、ボランティア活動が増えています。また、「WOTA」という会社は、シャワーや手洗い用の水をろ過する技術を改良しました。この技術は98%の浄水率で、何度も使用することができます。

WOTAに関する詳細の記事はした↓


このWOTA社は、英国王室のウィリアム王子が創設した最も権威のある環境賞「アースショット・アワード」の日本からのファイナリストに選ばれています。つまり、この技術が世界で通用すれば、この会社はもっと簡単にこの機械を作り、スーダンに持ち込むためのコストを削減することができます。この技術は、日本ではすでに災害時に使用されています。そして最近では、この技術が外国で使用され、人々の体を清潔にし、殺菌するのに役立っています。この例からも、SDGsや水に対する人々の意識が高まり、時間を犠牲にしてでも助けたいという人が多くなってきていることがわかります。これは、人々がスーダンの水のために利他的であり、自分の時間を犠牲にしてもいいと考えていることを示しており、主要な行動であると言えます。これらの行動は、将来への投資にもつながっていくでしょう。

      結論として、きれいな水は世間の注目を集め、世界の大きな問題になっています。もちろん、水をきれいにするためには援助者が必要ですが、今は技術が発達し、ボランティアではなく、画期的な機械や技術、アイデアを求めているのかもしれませんね。
      でも、スーダンの問題を解決するためには、お金が必要です。私たちにできることは何だろう?ご存知の通り、寄付をすることでスーダンを支援することができます。何かアイデアはないでしょうか?もしかしたら、思いもよらないアイディアが世界で役に立つかもしれないし、世界はそれを待っているかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました