オーガニックとは? オーガニックフードについて解説

SDGs

無農薬栽培とオーガニックの違い

無農薬栽培

農薬を使わずに栽培する方法です。しかし無農薬栽培は、土壌に農薬が残っていたり、別の場所から風などで飛んできた農薬が散布されたりするなどといった可能性があるものです。オーガニックとは違いJAS規格などといった、検査や調査に合格しなくても無農薬栽培として販売することは可能であるため、簡単に言えばオーガニックよりも少し下のランクの食材となります。

オーガニック

オーガニックとは有機栽培のことであり、化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと、並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業」と定義されています。他の野菜とは違い、より環境にやさしく、純正の食材ばかりといえます。

JAS規格

https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/

まず前提として、有機栽培を行い、有機農産物として販売するには有機JAS規格と呼ばれる、国で定められた基準を満たさなければいけません。また、『有機』と名前付けるにはこのJAS規格の審査に合格しなければなりません。この規格には明確な基準があり、生産過程などにおいて多くの基準が定められています。

このJAS規格とは農林水産大臣が制定した『日本農林規格』のことであり、審査に合格するとJASマークと商品名に「有機」と名づけることができるようになります。

土づくり

有機栽培は、主にたい肥などで土づくりを行うことから始まります。化学肥料や農薬を使用せず、2年以上経過した健康な土で栽培を行います。 これもJAS規格の基準であり満たさなければいけない項目です。わかりやすくしたものが下記の画像となります。

https://www.sangyo.net/contents/myagri/organic-cultivation.html

オーガニック食材は世界の有名人も使用している

日本で有名なところでいえば、今ロサンゼルスに在住中のMs.ローラもオーガニック野菜を好んで食べています。Instagramでも度々オーガニック野菜についてあげています。

サムネの画像出典:https://www.sangyo.net/contents/myagri/organic-cultivation.html

タイトルとURLをコピーしました