野生生物調査員とは? 密猟や保護にどのように関係している?

SDGs

野生生物調査員

そもそも野生生物とは自然界に存在する動植物のことであり、約174万種が発見されています。

そんな野生生物を密猟や密輸から守るため、野生生物の生体状況や環境を調査し、保全計画を立案・提案する人々のことを野生生物調査員と言います。調査によって得た情報を地理情報とリンクさせて、地理情報システム(GIS)といったデジタルデータとして管理する物をを用いて分析します。これにより、より細かい結果を得ることができます。

必要性

現在では環境や生物に対する環境問題が深刻化してきており、野生生物調査員の需要は徐々に高くなってきています。様々な団体や機関が努力しているものの、いまだに足りていないのが現状です。

野生生物は食物連鎖によってすべてが数珠つなぎにつながっています。つまり、一つの生物種が消えてしまうと、連鎖的にそれに関連していた生物まで絶滅してしまう可能性があります。これを食い止めるためにも野生生物調査員は必要不可欠なのです。

また、野生生物調査員になるには専門的に環境保全について学んだほうがいいでしょう。

環境問題に関することはこちらからどうぞ。↓

サムネ画像出典:https://www.narikata.com/env/investigator/

タイトルとURLをコピーしました