世界の森林面積のランキングと減少率

SDGs

世界の森林面積ランキング

https://www.shinrin-ringyou.com/forest_world/menseki_world.php

世界の森林面積の多くは、土地が広い国が占めており日本はランキングには入っておりません。ロシアが世界の森林面積の20%も占めており、その他の国の森林面積はほとんど変わらないことが分かります。現在の森林率は約27.6%であり、森林率とは陸地の面積に対する森林面積の割合のことを指します。

減少率

約1万円前までの地球では約62億haの森林面積をほこっていました。しかし、森林伐採などの環境破壊により、現在では約40億haまで減少してしまいました。過去の30年だけでも約200,000(1000ha)ほどの森林面積が減少しています。このまま森林破壊が進んでいけば、単純計算で約600年後には森林がなくなてしまいます。

https://www.shinrin-ringyou.com/forest_world/menseki_world.php

原因

森林面積の減少には様々な原因がありますが、その一つが土地の確保です。都心の開拓や農業の拡大などといった理由で森林伐採を行っているところは世界中に存在し、特にアフリカなどでは生活のために行わざるを得ない状況にある人もいます。

また、他にも森林伐採は商品を作ることにもつながり、木を材料として生産する製品が多発していることから、これらも森林面積の減少を進めている原因として挙げられます。

対策

現在では、世界的な団体や政府、国連のみが森林問題に取り組んでいるのではなく、世界中の様々なところで個人などによる活動や、学校による活動として取り組みを行っていることろがたくさんあります。国際的な学校であれば特にこのような活動が頻繁に行われています。

SDGsなどといった、世界中の人々が理解できる世界的問題を解決するためのゴールや目標は様々なところで拡散され、行動を起こす原因として影響力を及ぼしています。世界の人々はこの問題に対する意欲や取り組みを行っており、技術の進歩や活動によっては、現在の状況を打破し改善す方法や、以前の状態に近づける方法が見つかるかもしれません。

サムネ画像出典:https://mirasus.jp/sdgs/biodiversity/2353

タイトルとURLをコピーしました