環境温暖化による日本へのメリットとは 日本の農業の変化 ブラッドオレンジetc…

SDGs

地球温暖化

地球温暖化とは、環境問題における大気汚染により、大気へ有害物質などが流れ出て地球の平均気温が上昇することを指します。

近年ではガスの排出量を減らすなどの対策が見られますが、いまだに気温は上昇し続けています。

地球温暖化に関してはこちらを参照してください。

農業へのメリット

地球温暖化により日本の気温が上昇していく一方で、その気温の上昇により、今まで日本では栽培できなかった農作物を農産することができるようになりました。南北などでしか栽培できなかったような作物が現在では日本でも育つため、日本原産の作物が増えたということです。

ブラッドオレンジ

地球温暖化により栽培できるようになった作物の一つが『ブラッドオレンジ』です。このブラッドオレンジはテレビ番組の青空レストランでも紹介され話題となりました。このブラッドオレンジはほかのオレンジとは違い果肉が赤く、日本で見かけられることはあまりありません。

アボカド

アボカドは様々な料理で使われる中、日本での栽培は行われていなかったため、ほとんどの物が輸入製品でした。しかし、地球温暖化によりアボカドも日本で生産されるように国産のものが少しずつでてきました。

このような感じで、多種多様な食材が日本で栽培できるようになったため、日本での農業のあり方や主流が少しづつ変わってくるかもしれません。

日本へのメリット

より多くの食物を日本で栽培することが可能となったということは、これからの輸入量が減っていき、逆に輸出として海外に販売されていく可能性があります。農業は今や日本では欠かせない職業となってきており、その影響力の幅はどんどん広くなってきています。農作物の輸出量が増えると、コロナウイルスにより下がってしまった経済を、回復する一歩として繋げていく役割を果たすことが可能となります。

サムネ画像出典:https://tabiiro.jp/gourmet/s/308243-sapporo-kajitsuclub-818/

タイトルとURLをコピーしました