ソーシャルビジネスとは 社会問題と経済への関連性と影響

SDGs

ソーシャルビジネスとは

ソーシャルビジネスとは、社会性、事業性、革新性の3つの点を満たし、社会問題を解決していくビジネスのことです。社会問題とは主に、人種差別、飢餓、貧困、環境破壊などのSDGsなどに関連した問題を取扱いします。

社会性

社会性とは主に、環境問題やゴミの問題といった、問題の解決に早急性をみなしていることについて取り組みを行うことを指します。

事業性

事業性とは上記の社会性をメインとし、その問題の取り組みについてビジネスを継続的かつ、ビジネスを成り立たせることを言います。

革新性

革新性とは今までと同じものではなく、新たな商品やビジネススタイル、サービスを確立し、その活動が社会に広がることを通して、新しい社会的価値を創出することを指します。

定義

『「社会性」「事業性」「革新性」の3つの要素を満たす事業』と、経済産業省が定義。

ソーシャルビジネスの例

Business leather factory

https://business-leather.com/wp-content/uploads/2020/09/BLF_shop_672_378_08.jpg

どんな社会課題を解決しているか:バングラデシュの都市部における貧困層の雇用問題においてバングラデシュの革工場で貧しい人々の雇用をつくっている会社で、様々な商品が開発されている。

解決への糸口は見えているか、効果など:実際に直接雇用者数が年々増加しており、2014年では53人であった雇用者数が2020年では676人へと増加している。また、生産個数は最高個数の時で406,207個を生産している。

HPURL:https://www.borderless-japan.com/social-business/alphajiri/

Alphajiri Ltd.

どんな社会課題を解決しているか:農業で安定的な収入を得られないアフリカの農村の貧困でアルファチャマへの多角サービス提供・農産物販売網の構築を行っている会社である。この会社はケニアなどの貧困層に着目したソーシャルビジネスを設立している。

解決への糸口は見えているか、効果など:ケニアにおける小規模農家の共同体が増加し、2017年では171のグループ農家数・11の小規模農家の共同体数であったものが、2020年では626のグループ農家数・39の小規模農家の共同体数となった。また、2022年には1500のグループ農家数・100の小規模農家の共同体数といった予測が建てられている。

HPURL:https://www.borderless-japan.com/social-business/alphajiri/

Local Food Cycling France EURL

https://www.borderless-japan.com/wp-content/uploads/2022/02/lfc-france-web.jpg

どんな社会課題を解決しているか:日本発「捨てない暮らし」をフランスや欧州で大きく活動しており、都市型コンポスト普及で「2030年 生ごみ100%資源化」を実現目標としている会社です。主にゴミ問題に着目して活動しており、温室効果ガスやエネルギー排出をもとらすゴミの問題に対して削減などといった形での活動や、商品の開発などをおこなっている。

解決への糸口は見えているか、効果など:エコバックなどの商品の開発や、フランス語で記載されたごみ問題に関する情報が多数のせられている。

HPURL:https://lfc-compost.fr/

サムネ画像出典:https://saiyou.spool.co.jp/socialbusiness/

タイトルとURLをコピーしました