高齢者の人権問題 差別とその理由

adult affection baby child SDGs
Photo by Pixabay on Pexels.com

高齢者への差別や人権問題について解説。差別となる原因と理由は何か、高齢者への影響とはなにかについて記載しています。

高齢者の人権問題

仕事

高齢であるといった理由で、採用をしてもらえなかったり契約を更新してもらえなかったりなど、高齢者が働く場所が少なくなってきている現状があります。ただ、技術の発展んにより、高齢者が技術やスキル、電子機器に追いつけていないといった部分もあります。

生活

高齢者が生活する上で、家族からの虐待や、孤独、詐欺の問題などが増加しています。特に高齢者を狙った詐欺は絶えず、少し前だと「おれおれ詐欺」などがブームとなっていました。

また、虐待として暴力や暴言、生活の手助けをしないなどといった、最低限の生活もままならないような状況にある家庭も存在します。高齢者になるとできなくなることが多くなる傾向にあります。それは身体的な理由が多く仕方のないことですが、虐待されている過程ではそれを助けるといったことがなかったりします。

対策

成年後見制度

東京都総務局人権部では、成年後見制度という、高齢者を対象とした人々の生活を支える制度があり、それを以下のように説明しています。

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などにより物事を判断する能力が十分でない方の権利を守るため、本人の意思を尊重しながら財産管理や生活に必要な契約を結ぶ援助者(成年後見人等)を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度です。
 財産管理や本人のために必要な契約を行う援助者(成年後見人等)を家庭裁判所が選任する「法定後見制度」と、将来判断能力が不十分になった時に備えあらかじめ自分が選んだ人(任意後見人)に、代わりにしてもらいたいことを契約(任意後見契約)で決めておく「任意後見制度」の2種類があります。
 東京都は、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせる社会の実現に向け、医療・福祉、雇用、住宅などの総合的な施策を進めています。高齢者が社会の一員としていきいきと暮らすには、私たち一人一人が高齢者の人権について考えていくことが大切です。

出典:東京都総務局人権部  高齢者の人権問題 https://www.soumu.metro.tokyo.lg.jp/10jinken/minna/kadai_3/index.html
タイトルとURLをコピーしました