ゲームは本当に学力や日常生活に悪影響を与えるのか

focus photo of super mario luigi and yoshi figurines ゲーム
Photo by Pixabay on Pexels.com

結論から述べると、ゲームをする度合いと頻度によって左右します。そのことについて今回は解説したいきます。

メリット

空間把握能力

ゲームには3Dのものが多く、周りの状況や空間把握の能力が向上しやすく、これはゲームだけでなくスポーツにも応用されます。

想像力

ゲームの一部には0から始めて作り上げていくものもあり、想像力が高いことが必要とされます。

判断力

一部のゲームでは瞬時の判断が勝敗を左右し、優柔不断であったり、瞬時に適切な選択をすることが求められます。

デメリット

依存症

ゲームには依存性があり、依存症になると画面から離れなくなったり、凶暴化、不眠症になる可能性もあります。適度なゲームの時間が必要です。

視力の低下

ゲームをするということは画面に目を向ける時間が増えるということであり、同時に職の低下を招きます。

タイトルとURLをコピーしました