ヘイトスピーチと表現の自由 これからと現在

photo of man holding mic SDGs
Photo by Matheus Bertelli on Pexels.com

ヘイトスピーチは法律によって廃止すべきか

ヘイトスピーチとは特定の民族や国籍、人種に対して差別的な発言を行うことや、差別を助長する発言、誹謗中傷や排除しようといった方向性に似た言動のことをいう。

世界で話題となっていたヘイトスピーチ問題が近年では日本でも課題とされるようになっていた。そこで日本政府は2016年にヘイトスピーチ解消法といった人権侵害を理由とした阻止案が施行された。この方では罰則などはなく、ヘイトスピーチの定義と解消を求めた地方自治体などへの促しが主な活動とされた。
この方の効果としては公共の場におけるヘイトスピーチは減少したものの、今だインターネットにおけるヘイトスピーチは絶えないでいる。

そんな中2020年に神奈川県川崎市では刑事罰を取り入れた差別禁止条例を制定した。しかし、この条例は「表現の自由」「基本的人権」との対立によって問題視されている。発言の自由と基本的人権の侵害はこの問題において重要な点である。

どのような発言をヘイトスピーチとするかは法では決めることが難しく、それは人の価値観によって左右される。よってこのような状況を「法の限界」と呼ぶ指摘もあり、これからの日本の政治の重要な点となってくる。

良識や道徳による阻止

ヘイトスピーチの抑制として良識と道徳があります。良心と道徳は自発的なヘイトスピーチの抑制であり、多種多様を認め共生するといったこれからの世界情勢に必要となってくる部分でもあります。

タイトルとURLをコピーしました