環境問題解決と経済発展の両立 これからの世界

SDGs

環境問題を解決するだけでなく、今は、解決しながら経済も発展しビジネスに成功していく事が求められています。しかし、環境問題解決にはコストやデメリットが多かったりするなど、とても難しい課題とされています。そこで今回はどのような状況に今あり、これからどうして行くべきなのかを紹介します。

環境問題解決の目途と方法

環境問題を解決するには多くの方法がありますが、最近注目を浴びているのがデメリットのない環境問題解決方法です。例えば、生分解性プラスチックは今までのようにプラスチックを使いながら、プラスチックごみとして捨てられても、勝手に分解してくれるというものです。つまり、プラスチック製品を紙類に変える方法だと、今度は森林伐採の問題が生じるというものです。

ただ、上記のようなデメリットの少ない解決方法は少なく、今行われている二酸化炭素排出問題では30年後の目標に到達するのは難しいとされています。完全な解決や、目途が立つのは何十年も先という指摘もあります。

そして今回紹介する議題である、ビジネスや経済発展との両立はとても難しい事が分かると思います。

経済発展との両立

上記の内容を踏まえ経済発展と両立させるには、新たな解決方法や技術が必要となります。今存在する解決方法単体ではデメリットが多かったり、ビジネスとの関係性を見出すのが難しく、利益を見込むのも難しいです。そんな中で、複数の解決方法をかけ合わせたり、新たな技術が開発されれば、新たなビジネス方法が見つかり、経済を発展させながら、環境問題を解決させることが可能となります。

タイトルとURLをコピーしました