世界的発明 水を何度も再利用する水循環型の技術開発とは

海外

 約数年前、水を98%再利用することを可能とする水循環型の技術が株式会社WOTAによって開発された。今回はこの技術に関する世界的評価や現状などについて述べていく。

株式会社WOTA

 この株式会社WOTAは『人と水の、あらゆる制約をなくす。』を存在意義としており、水に関する自由の実現と環境への責任を両立し、もっと創造的で持続可能な暮らしを実現することを目標としている。これは水や環境への配慮と人の水の制約なくすことを両立する目標である。

開発した技術

 このWOTAが開発した技術とは、使用した水(排水)を98%再利用可能になるものです。これにより水道のない場所や衛生面が整っていない水を使用せさざるを得ない環境でも、水利用を実現させる、ポータブル水再利用プラントです。例えば、災害時や貧困地域での利用である。これにより、今までの災害などで水の運搬が厳しかったような状況でも、簡単に多くの人が水を利用する子ができるようになる。

商品

 WOTAが開発した商品として、『WOSH』と『WOTA BOX』が存在する。これら2つはそれぞれ、上記の技術を使用したものである。どちらも設置型のタイプであるため、移動も可能であり、様々な国や地域において活用することが可能となっている。

公式ホームページは以下となっている↓

WOTA株式会社 | Water freedom for Everyone,Everywhere
私たちWOTAは、人と水の関係における、あらゆる制約を取り払います。これまでの「大きな」水インフラに、「小さな」水システムを組み合わせることで、もっと創造的で持続可能な暮らしが叶えられるはず。そう信じています。
タイトルとURLをコピーしました