3D オブジェクトに動作を加えるのは本当に効率的なのか?

映画・ドラマ

みなさんはどんなジャンルの動画を見ているでしょうか?

アクションファンタジーミステリー。いろんなジャンルがありますが、大きく分けると二つにすることができます。それはアニメーション実写です。皆さんはどちらをより多く見るでしょうか?トイストーリーやリメンバーミーなどPIXARなどの会社は3Dを用いて製作に取り組んでいます。しかし、制作方法が一つとは限りません。大きく分けると二つに分けることができます。

一つは3Dを用いた方法です。そして二つ目の方法は、制作した絵を連続にして映し、映像に返還させる方法です。簡単に言えば、パラパラ漫画のような方法です。

しかしどちらが効率がよく、効果的なのでしょうか?

制作方法の違い

3D

3Dを用いた方法と絵を連続させて作る方法の、大きな違いを説明していきます。それは、3Dを用いた方法では、キャラクターの360°を確認することができるというところです。絵を連続で写す方法は、簡単に言うと2D なので、奥行きがない状態です。つまり、3Dで制作することで一つ一つの物体、キャラクターなどの360°における場面からの映像を作り出すことができます。

また、3Dで制作した場合より細かい描写や映像を作り出すことができます。3Dでは、実際にパソコンの中で光を当てて映像を作り出すため、よりリアルな影や明るさを作り出すことができます。

出典:https://www.digitalspy.com/movies/a772981/toy-story-4-release-date-trailer-cast-plot/

絵を連続描写し、映像に返還させる方法

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/story/0574/

3Dを用いた方法と比べて面倒な方法です。しかし、資金的な面や速さを考えると、こちらの方がより速く少ない人数と資金で作り出すことができるといえます。しかしクオリティーや完成度から見ると、3dオブジェクトから作り出す方法がより良いといえることができます。3Dオブジェクトから作り出すほうがよりきれいな映像を提供することができ、立体的な映像にすることができるからです。日本ではコマ送りで制作されている作品がまだあり、海外のようにCGを使った作品はまだあまり多くありません。しかしピクサー社のように何回もの工程を得てキャラクターなどを制作する方法のほうが、手間が省け、より速く完成に近づくことができ、リアルにできます。海外での制作は日本と違い世界に影響しているものが多く、資金が違うこともあり、日本より大人数で制作に取り組むことができ、時間もあります。よって、3Dで制作することができるのです。

3D映像の仕組み

3Dオブジェクトを使ったアニメーションづくりは、人体解剖学に基づいたソフトを使って、制作するため、よりリアルな映像と動きを作り出すことができます。また、一度決めたキャラクターの形を決めると、いちいち書く手間が省け、登録したキャラクターを思い通りに動かすだけで映像を制作することができます。

例えば、顔の表情や歩き方など、人間の骨と筋肉の動きに基づいて動きを作り出すことができるため、よりリアルな映像とすることができます。モンスターズインクやトイストーリーなどには、人間に似た動物や、人間を基にしたキャラクターがいます。トイストーリーに出てくるウッディやモンスターズインクに出てくるモンスターは人間に似た形をしているため、人体解剖学に基づいたソフトを使うことが優先され、このソフトにより映像が制作されます。

3D映像は効果的であり、効率的である理由

3Dオブジェクトを使うことにより、より細かい描写を制作することができます。また、それにより光の加減や動きによりリアルさを表すことができ、作品としてより完成度の高いものを作り上げることができます。

 このようなことから3Dオブジェクトから作り出すほうがより効率的であり、効果的であるといえます。

タイトルとURLをコピーしました