オーガニックコットンとは? パジャマなどの服について詳しく解説

SDGs

無農薬栽培とオーガニックの違い

無農薬栽培

農薬を使わずに栽培する方法です。しかし無農薬栽培は、土壌に農薬が残っていたり、別の場所から風などで飛んできた農薬が散布されたりするなどといった可能性があるものです。オーガニックとは違いJAS規格などといった、検査や調査に合格しなくても無農薬栽培として販売することは可能であるため、簡単に言えばオーガニックよりも少し下のランクの食材となります。

オーガニック

オーガニックとは有機栽培のことであり、化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと、並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業」と定義されています。他の野菜とは違い、より環境にやさしく、純正の食材ばかりといえます。

JAS規格

https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/

まず前提として、有機栽培を行い、有機農産物として販売するには有機JAS規格と呼ばれる、国で定められた基準を満たさなければいけません。また、『有機』と名前付けるにはこのJAS規格の審査に合格しなければなりません。この規格には明確な基準があり、生産過程などにおいて多くの基準が定められています。

このJAS規格とは農林水産大臣が制定した『日本農林規格』のことであり、審査に合格するとJASマークと商品名に「有機」と名づけることができるようになります。

オーガニックコットン

オーガニックコットンとはその名の通り有機栽培で作られたコットンのことです。オーガニックコットンに限らず、すべてのコットンにおいて肌への影響はほとんど同じであり、体に優しい素材となっています。では、オーガニックであることで何が変わるのでしょうか?

オーガニックと通常コットンの違い

オーガニックコットンは厳しい検査のなかで基準に達したコットンなので、地球にやさしいという点が一つあります。

通常のコットンでは、栽培期間で様々な薬品が使われるため、土壌や水質への環境負担はかなり大きいものとなります。近年では環境汚染が問題となってきており、このような点から環境保全に取り組んでいくのは重要となってくるのではないでしょうか?

また、環境保全は人々の健康を守ることにもつながり、一石二鳥ということです。

オーガニックコットンで作られた商品

オーガニックで作られた商品には様々なものがあり、その代表的なものがパジャマとなります。

オーガニックコットンと調べると、パジャマと検索欄に出るのではないでしょうか?オーガニックコットンのパジャマは保湿性を守る効果があり、美容にも効果的となっています。また、海外ではこのような商品を一般的に取り入れていく文化が取り入れられつつあり、国際的な出来事となってきています。

サムネイル画像出展:https://www.gunze.jp/kireilabo/special/content/a202009/

タイトルとURLをコピーしました