大気汚染がもたらす人間への影響と環境問題

SDGs

今現在では世界問題として大気汚染が重要視されています。科学技術の発展に伴い、大気汚染物質はより多く排出されるようになりました。

例として車のガス排出量などが挙げられるでしょう。近年では電気自動車などが徐々に普及し始め、ガス排出量を減少下げようとする動きはみられるものの、いまだ自動車によるガス排出量は多い状況が継続しています。

では、その大気汚染が人間に対しどのような害を及ぼし、環境にどんな影響を与えるのか記載していきます。

大気汚染

現代の経済活動において、大気中には様々なガスが放出されています。これにより、大気の状態が不安定となり、生物に害を及ぼすようになったり、生態系や環境に悪影響を及ぼすこととなります。まれに自然現象が原因で大気中に有害物質が発生するケースもありますが、大半は人為的な活動が原因となっています。近年では光化学スモッグが発生することは滅多に無くなりましたが、代わりに度々問題となっているのが「PM2.5」です。

大気汚染についてのより詳しい情報は以下を参考にお願いします。

大気汚染が人間に与える影響

大気汚染によって呼吸器疾患を患う人がいます。大気汚染は身体に影響を及ぼすことがあり、せきや呼吸困難などといった症状に襲われ、肺機能が低下する恐れがあります。

ただ、一般的に過ごしていて大気汚染によって呼吸器疾患を患うことはほぼあり得ません。工場の近くや大気汚染物質を排出している場所に近づくと患う可能性はあがります。

大気汚染が環境に与える影響

大気汚染が最も影響をあたえるのが大きいのは環境といえます。例として挙げるなら地球温暖化があります。地球温暖化は大気汚染物質である温室効果ガスが地球を覆うことで起きています。

また、他にもPM2.5などは中国で大きく問題となっており、これは環境だけでなく身体などにも影響を与えます。

タイトルとURLをコピーしました