大気汚染による光化学オキシダントが生む影響とは

SDGs

大気汚染といっても、その中で多数の種類があり地球温暖化などが含まれます。今回はその中でも光化学オキシダントが何か、どのような影響を与えているのかを解説していこうと思います。

大気汚染とは

今回の記事では大気汚染についてはざっくり解説するため、大気汚染について詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

現代の経済活動において、大気中には様々なガスが放出されています。これにより、大気の状態が不安定となり、生物に害を及ぼすようになったり、生態系や環境に悪影響を及ぼすこととなります。まれに自然現象が原因で大気中に有害物質が発生するケースもありますが、大半は人為的な活動が原因となっています。近年では光化学スモッグが発生することは滅多に無くなりましたが、代わりに度々問題となっているのが「PM2.5」です。これらのようなことを大気汚染といいます。

光化学オキシダント

光化学オキシダントは大気汚染物質(の主に窒素酸化物や揮発性有機化合物)が太陽の光を受け変化したものです。これを光化学反応といいます。大気汚染物質とは自動車の排気ガスや工場の煙などから主に排出されます。この物質は濃度が低い状態では害はありません。しかし濃度が高くなると人体や環境に影響を及ぼし始めます。つまり、太陽光のない夜間には発生しません

人体への影響

光化学オキシダントは高濃度になると、頭痛やのどの痛み、目に異常がでることがあります。主に風邪に似た症状がでると思えばよいでしょう。また、ひどい場合には吐き気、嘔吐、呼吸困難などに陥る可能性があります。光化学オキシダントは粘膜に刺激をあたえるのです。しかし症状は人により左右します。

環境への影響

光化学オキシダントの濃度が高くなると遠くを見ると白いもやがかかったように見えることがあります。このような状態を光化学スモッグといいます 。この光化学スモッグは観察しないとわからないのですが、植物の成長を抑止する効果もあります。落ち葉が多くなったり、花に斑点がでたりするのも光化学スモッグによる作用です。

光化学オキシダントはあまりニュースで取り上げられたりしないものの、大きな問題として認識されています。特に夏場では日差しが指し、光化学オキシダントがより大量に発生する可能性があるため十分に気を付ける必要があります。

タイトルとURLをコピーしました