学生や児童の新型コロナウイルスによる心理的問題や自殺などについて解説

man in black shirt and gray denim pants sitting on gray padded bench SDGs
Photo by Inzmam Khan on Pexels.com

日本では、新型コロナウイルスがまん延して3年が経ちました。その中でも教育機関は大きな影響を受けており、生徒たちにも変化が及びました。

近年ではうつ病や、イライラ、集中できないなど、心理的問題をかかる児童が多く、3割に及んでいるといいます。コロナウイルスにより、学校の閉鎖や制限がある今、心の成長や人間関係の構築が依然とは異なり、それをストレスと感じる人が多くいます。

この結果は深刻であり、文部科学省と厚生労働省の調査では生徒が499人自殺しており、1980年以降最多であることが分かった。不登校の学生も多く、24万4940人と過去最多であった。2022年11月には学校の給食時での会話が許可する通知など出され、制限も徐々に緩和されつつある。しかし、依然としてコロナによる心身のストレスは大きく、不調を言い出す生徒が多くいる。

タイトルとURLをコピーしました