コロナ禍における1%の富裕層と残りの99%の資産

SDGs

現状

国際NGOのオックスファムが発表した調査結果では、世界上位1%の富裕層が過去2年間で新たに獲得した資産は、残りの99%が獲得した資産の約2倍に上ることがわかった。

上位1%の資産は過去2年間でおよそ26兆ドル(3312兆円)であるのに対し、残りの99%は16兆ドルの増加に止まっている。

コロナ禍における富裕層の資産は増加しており、数年で3分の2増えていることがわかっている。

コロナウイルスの蔓延によって、富裕層との格差は開く一方であり、多くの人が生活が苦境に立たされていることがわかる。コロナによる影響は大きく、政府による補助金が貰えていない人や会社も未だにあります。

タイトルとURLをコピーしました