獣医師の過酷な現場とペット医療の高度化

SDGs

日本のペット医療は進化しつつあるが、その反面、獣医師への負担が増加しており、過酷な現場となりつつある現状について解説していきます。

獣医師の過酷な現場

ペット医療の需要は年々増加しており、ペット数自体は減っているものの、ペットの健康を気にかけた予防治療が増加している。また、それに加え診断や治療といった作業がある。そんな中で獣医師の数は少なく、一部の病院では医師が一人なんてこともある。休憩時間も惜しんで手術や診察に対応しているのが現状である。

他にも病院には急患のペットも来る。そうなると休日であっても出勤せざるを得ない。ペットの治療や診断に対して獣医師の数が足りておらず、長時間労働となっている現状が問題視されている。

また、長時間労働や獣医師の減少により、治療や診断料金が増加している。年々ペットにかかるのお金は増加する傾向にある。

通常の病院や医師のように女性の医師の復帰が必要とされている。この女性の医師については上記の内容と以下の記事を理解しながら読んでほしい。

ペット医療の高度化

ペット医療は近年高度化しつつある。MRIやCTといった高度な機材が導入されることが多く、これらにより、診断や治療の効率性を上げようとする病院も少なくはない。

タイトルとURLをコピーしました