日本にある差別問題とは SDGs

SDGs

アジア人差別という言葉が近年少しブームとなりましたが、アジア人の中でも差別は存在します。その差別は海外に限らず日本国内でも行われ、それによりメンタルヘルスが不安定になる人も多数います。そのような差別問題をSDGsの目標とつなげて解説していきます。

日本国内で行われる差別

外国人

日本国内に移住してきたり、留学してきた人々が日本人から差別を受けるというケースがあります。肌の色や顔立ちの違い、言語の相違によって差別を受ける事例が多く、いじめやハラスメントの問題として取り上げれることもあります。

また、日本語の不自由によりその事実を伝えることができず、1人で悩みを抱え込む人も多くいます。

女性差別

最近では女性差別が問題視され様々な団体や機関が対策に動き、世間一般の認識としても女性差別が認識されやすくなってきました。

女性差別の一般的な例として妊娠があります。妊娠により子供を産む時期や育てるために育休を取る人々がいます。しかし、そんな人々に対し、男性が「休めて給料がもらえるのか…」や「孕んでいる」などといった発言を使い軽蔑視してくるケースがあります。女性の育休に対し否定的な意見を持つ人が上記のような発言を行います。赤ちゃんの面倒を見ることは決して楽なことではなく、決して誹謗中傷されていい理由などありません。

また、最近では男性でも育休を取る人が増えており、男性の育児に対する関心が増えている一方、そのような人々に対して軽蔑視や疑問を抱く人々がまだいるのも事実です。

女性が育児や家事をするといった固定的な概念は古く、海外などでは男性が手伝うことは一般常識とされています。

前科をもつ人々への差別

一度犯罪を犯したものの、刑務所にて反省し社会に復帰する人々がいます。しかし、そのような人々に対し、一度犯罪を犯したからと言ってその人の全てを知るわけでもないのに差別する人々がいます。前科者に対する差別は多く、その意見に対し肯定する人々も多いです。しかし、更生して社会復帰してきたものが差別される理由はありません。そのような人々に対し職を与えている会社などもあります。

障害者に対する差別

障害者に対する差別は以下の記事で詳しく解説しているので読んでみてください。

高齢者への差別

高齢者への差別は以下の記事にて詳しく解説しているので読んでみてください。

SDGsとの関連性

SDGs目標と差別の関連性については以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ読んでください。

サムネ画像出典:cbia Employment Discrimination https://www.cbia.com/wp-content/uploads/2020/06/Employment-Discrimination.png

タイトルとURLをコピーしました