台風への対策方法 どれくらいで被害が出るのか

9月ごろになると日本の近くでは多くの台風が発生します。それは避けようのないことで、我々は対策をとるしかありません。

私たちにはどんなことができるのか、今回はそのことについて記事にしていきます。

台風への対策

台風の対策において必要となってくるのが水と風の対策です。

雨の対策

築年が古い家では窓と壁の間に隙間があったりするためしっかりと鍵をかけ、必要に応じて補強する必要があります。地方に住むとなると川が近くにあり、氾濫する恐れがあるため、いつでも避難できる準備はしておきましょう。

風の対策

家の外においてる小さな備品や自転車などは、飛ばされないところに置くか何か飛ばされないものに括り付けるようにしましょう。

気象庁は風速15m/sを超えると立っているのも危険とされています。風速15m/sを超えると転倒するものも出始め、風速20m/sを超えると何かにつかまっていないと立っていられなくなります。

避難場所

避難場所は事前に確認しておきましょう。必ず近くに高い建物か、高い場所、安全で広い公民館や学校があります。万が一洪水や、家が浸水、破損した場合はそこに避難しましょう。

非常食

非常食や飲料水は控えておきましょう。洪水や電線が切れれば、インフラが止まり、物資が投げれなくなります。地方であれば、水や食料の入手が困難となるため備蓄として貯めておきましょう。

台風による被害

台風によっておっ切る被害は大きく分けて3つあります。洪水、土砂災害、暴風です。いずれの3つも威力が大きいと死に至る可能性もあり、とても危険です。どれも被害が続いている場合は安全な場所からでないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました