請願権とは 事例や年齢 私たちにできること

people crossing pedestrian lane 政治
Photo by Abby Chung on Pexels.com

請願権

請願権とは憲法によって保障されている国民の権利であり、国籍や年齢に制限がなく、誰でも国や地方自治体に対してようぼうを申請することができます。つまり、小学生でも請願権を持ち、社会を変えていくことができるのです。

では一体要望とはどのようなことなのでしょうか。

具体例

選択的夫婦別姓制度

京都府の宇治市では4人の高校生が選択的夫婦別姓制度を市議会に請願し、多数決によって可決されました。また、その意見書も可決されました。選択的夫婦別姓制度とは結婚したからといって必ずしも苗字を変えなくていいということです。

同性カップル公的認証

兵庫県の宝塚市で同性カップル公的認証が可決されました。同性カップル公的認証とは同性の人同士っが付き合ったり結婚することを指します。

新型コロナウイルスからの区民生活の意見書

東京都北区にて新型コロナウイルス感染症から区民生活をまもり、安心・安全に生活ができるよう、意見書提出等を求める件(第3項)という件名で請願し可決されています。

タイトルとURLをコピーしました