Netflix 福利厚生企業と業務提携 世界初

SDGs

Netflixは17日に日本の企業である福利厚生サービスを展開している株式会社ベネフィット・ワンとの業務提携を発表した。

Netflixプランを導入した企業の従業員はNetflixの月額料金を支払い、そのうちの10%がベネポ(ベネフィット・ワン会員ポイント)が還元される。また、NetflixはNetflixを福利厚生として利用できるようにするほか、会員制福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を利用できるというものである。

Netflixの提供により、従業員のメンタルヘルスが向上し、生産性と効率性があがることを目的としている。

Netflixの福利厚生サービスとして利用するのは世界初である。この業務提携に対して賛成や称賛の声が多いです。福利厚生費は非課税であるため、この業務提携は企業としても従業員としても得な部分が多いと言えます。

タイトルとURLをコピーしました