私立中学に助成金10万円 総額40億円

SDGs

東京都では都内の私立中学に通う世帯年収910万円未満の家族に対して、授業料を年間10万円助成する計画が進んでいることが、関係者への取材によって判明した。総額40億円が助成金として使用されることが検討されている。

円安や物価の増加などが行われている中、授業料も増価しており、前年度比と比べても東京都内の私立中学校の平均授業料は5233増加している。子育てや育児の負担を減らす事を目的としており、国からの年間10万円の助成金が行われなくなった今、多くの関心が集まっている。

都議会、自民党、公明党からの要望のもと、この計画は進行されており、小池都知事はすぐにでも予算案を提出するとのことである。

東京都での物価の値上がりは影響が大きく、子育てをする家庭にとって、都内での生活は負担が大きく、今回の助成金の対象者から考えるに、世帯年収 900万円でも足りていないことがわかる。つまり、少し楽な生活をするだけでも約1000万円以上の世帯年収が必要であることがわかる。これは東京都の平均世帯年収である629万7000円や、全国の平均世帯年収である552万円の約2倍であり、都会での子育てや生活がいかに厳しい物であるかがわかる。

また、都内の中学生のうち、約25.5%が私立に通っており、その平均年間授業料が49万2209円であることから、多くの家族の生活が苦しい状況にあることが予想される。また、これが子供の数が増えるとより負担は大きくなる。少子高齢化が進む理由はここにあると言うこともできるだろう。

今回の助成金計画は少子高齢化の抑制のため組み立てられており、子育て数の低下や、少子高齢化が進んでいることが大きく問題視されている。

これからの選挙や政府による助成金や援助に関心が高まっていくと考えられる。

タイトルとURLをコピーしました