正規雇用と非正規雇用の違いは 雇用におけるメリットとデメリット

正規雇用と非正規雇用の違い

正規雇用

正規雇用は正社員と呼ばれることもあり、非正規雇用と比べて法律による保護が高いことが特徴として言えます。日本の法律では解雇されるリスクが少なく、定年まで同じ会社に入れます。正規雇用は期間のない雇用のことを指し、サラリーマンなどがそうです。また正規雇用者は雇用保険、社会保険に加入することが義務付けられています。

正規雇用には主に2種類の雇用方法があります。

メンバーシップ型

メンバーシップ型雇用とは最初に一定の採用者を集め、各仕事に割り振っていく方法となります。新卒採用などで募集されることが多いです。

メリット

メンバーシップ型のメリットとして、失業率が少ないことが言えます。この採用型では特別なスキルが必要ではなく、法律による保護が硬いため、解雇されにくく、時間をかけていくことが成長していくことができます。

デメリット

デメリットとして収入が安定してしまっていることがあげられます。収入が安定していることはメリットとしてとらえることができますが、裏を返せば年齢が重ならないと収入が増えないということで仕事に対するモチベが低下する事例がたくさんあります。また、会社の命令は絶対であり、パワハラが起こりやすいことも上げられます。

ジョブ型

ジョブ型雇用とは、仕事があり、それに対して雇用者を求めるもので、メンバーシップ型とは順序が逆となります。

メリット

ジョブ型のメリットとして収入が高いことがあります。成功報酬型が多く、自身の仕事の成果によって収入は前後します。また、自身の特異なことやスキルを活かして仕事を行うことができるため、仕事に対するモチベが上昇します。仕事内容が明確であり、ワーク・ライフ・バランスが整っていることもメリットの特徴としてあります。

デメリット

ジョブ型のデメリットとしてスキルが必要なことがあげられます。強いスキルがなければジョブ型の仕事で継続していくことは難しいです。そのため失業率も高く、若者にはハードルの高いものとして挙げられています。

非正規雇用

非正規雇用とはパート、アルバイト、派遣社員などのことを指します。非正規雇用では雇用期間が定められており、労働時間は正規雇用者よりも短いです。そのため給料が少ないことが挙げられます。

しかし、労働時間が短いことがあり、プライベートの時間を増やすことには向いており、そのため学生などがバイトを行います。

人によってはあえて非正規雇用を選ぶ者もおり、その人それぞれによって雇用形態は変化します。

雇用に関する問題は以下のページにて投稿しています。

サムネ画像出典:カオナビ 雇用形態にはどのような種類があるのでしょうか? https://www.kaonavi.jp/dictionary/qaromu_koyokeitaisyurui/

タイトルとURLをコピーしました